歯のクリーニング


歯のクリーニングはなぜ必要なのでしょうか。 そして、どんなことをしているのでしょうか。

そんな疑問にお答えいたします。


歯のクリーニングは普段ご自宅で行なっている歯ブラシで取り残した汚れつまりプラークを取り除くことを目的としていますがプラークつまり細菌の塊が石灰化して硬くなった歯石の除去もおこないます。

この処置によって口臭の予防、歯周病および虫歯の予防が可能になるわけです。

しかも、クリーニングの際に虫歯のチェックも同時に行いますので虫歯の早期発見にも役立ちます。

また歯周病を気にされている患者様には歯肉のポケットの測定も定期的に行いますので歯周病の予防および治療にもなります。

そして以前に歯周病と言われたり歯周病の治療を行なったことにある患者様にとっては歯周病のメンテナンスとしての効果が高いことが多くの論文等で分かっております。

歯周病のメンテナンスにおいては3ヶ月に一回以上のクリーニングによって歯周病の進行が抑えられるという論文の報告が多数あり当医院でも実践しており大きな効果をあげております。

その他、口臭が気になる患者様にも歯のクリーニングは治療効果が高く予防にもなりますので定期的なクリーニングがオススメです。


最近の歯磨き粉の中には「研磨剤」があまり入っていません。これは研磨剤により歯の表面のエナメル質をミクロの単位で傷つけてしまうからです。

そのため実は最近、患者様の歯の着色が目立つようになってきました。

ですから白い歯をご希望の患者様はまず歯のクリーニングで歯の表面の「ステイン」つまり着色を除去してみてはいかがでしょうか。
これだけでも歯がかなり白くなることがありますのでチャレンジしてみてください。

タバコ、コーヒー、緑茶などは歯が着色しやすい成分を含んでいますので、より注意が必要です。



歯のクリーニングの内容について

2番目の歯のクリーニングの内容についてです。


基本的には超音波スケーラー、キュレットスケーラー、エアーフローなどを使ってプラーク、歯石を除去します。


この際、歯周病にリスクがある患者様には歯肉のポケット内のクリーニングも行います。

これらの汚れの除去が完了しましたら次はポリッシングつまり歯の表面の研磨です。

このポリッシングにより歯の表面にプラークが付きにくくなり歯ブラシでも簡単にプラークを除去できるようになります。


また歯の表面の着色つまりステインも同時に除去できます。

ご希望があれば、その後に虫歯予防、歯周病予防にために「フッ素塗布」を行います。

これにて歯のクリーニングは終了ですが通院回数は患者様の状態によって異なりますので担当の歯科衛生士にお尋ねください。


どんなにお口の状態が良い方でも歯のクリーニングは少なくても年に2回は必要です。
まして、虫歯、歯周病になりやすい患者様はそれ以上の回数がオススメです。

当医院の患者様の初診での主訴でもっとも多いのが歯のクリーニングです。

特に近年、お口の健康が注目されるようになってきました。

虫歯や歯周病になってから治療という時代ではなく当然ですが「予防」という考えを患者様の多くが認識されているように思います。

この大切な、大切な考えを我々歯科医療従事者がより一層お手伝いしたいと思います。



このような方にオススメです
01 口臭が気になる
02 歯の着色、ザラザラ感
03 歯ブラシした時の出血
04 知覚過敏(冷たいものにしみる)
05 歯周病と言われたことがある
06 虫歯で治療したことがある
06 唾液のネバネバ感、匂い
06 歯を白くしたい




△土曜の診療日につきましては、ネット予約ページ診療カレンダーをご覧ください。
休診日:日曜・祝日



秋葉原駅徒歩1分 岩本町駅徒歩5分

原田歯科医院マップ
大きな地図で見る